ワキガのセルフチェックと適切な対策方法

チェックリストの図

わたしってもしかしてワキガ?

ワキガは自分でセルフチェックできます。以下の項目にあてあまるかチェックすることで、自分がワキガかどうかを診断することができます。

  • 脇の下の汗が多い
  • 耳垢が湿っている
  • 親族にワキガの人がいる
  • 腋毛が太い、ひとつの毛穴から数本の毛が生えている
  • 服の脇の部分に黄色いシミができる

上記に当てはまるひとは、高確率でワキガ体質であり、手術適応になります。

ワキガセルフチェック・フローチャート

ワキガかどうかわからないとき:ワキガには重症度がある

同じワキガでも、中等度のワキガや軽度のワキガなど、レベルはひとそれぞれです。ワキガには決して全員が手術を必要とするわけではなく、汗の多さ、アポクリン汗腺の多さ等、体質による臭いの強さによって、行うべき対策がかわってきます。ここでは、セルフチェックで判断できるワキガの体質別に適切な対策を紹介します。

手術療法が適応するパターン

以下のすべてに当てはまる場合、高確率でアポクリン汗腺が大きく、多い高度なワキガ体質です。そのため、外科的な手術療法が適応します。

  • 脇の下に汗をよくかく
  • 耳垢が湿っている、もしくは外耳道(耳の毛)が多毛である
  • 親族にワキガ体質のひとがいる
  • 腋毛が太い、多い。もしくはひとつの毛穴から太い数本の毛が生えている
  • 服の脇の下の部分が黄ばむ
ワキガの外科的手術療法を詳しく見てみる
ワキガの外科的手術療法
ワキガの根治的な治療方法として、外科手術があります。ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺を、外科的に取り除いてしまう方法です。このページではワキガの 続きを読む

試験切開が適応するパターン

以下の項目をセルフチェックし条件にあてはまる場合、アポクリン汗腺はあるが高度ではなく外科的処置が必ず適応するまでに至らず、試験切開が適応します。

  • 脇の下によく汗をかく

かつ、以下のいずれかに該当する

  • 耳垢が湿っている もしくは 外耳道(耳の穴)の毛が多いが、親族にワキガ体質のひとがいない、もしくは腋毛は細く少ない

もしくは

  • 耳垢が乾燥している もしくは 外耳道(耳の穴)の毛は少ないが、服の脇の下の部分が黄ばむ
ワキガの試験切開について詳しく見てみる
ワキガを確実に診断する「試験切開」
試験切開とは ワキガ治療の一環で、「試験切開」という手術があります。 試験切開とは、局所麻酔下で脇の下を数ミリ切開し、ワキガの原因であるアポク 続きを読む

電気凝固法(レーザー治療)が適応するパターン

以下に該当するひとは、アポクリン汗腺があるが、その数や大きさから外科的な手術まで至らないケースです。この場合、電気凝固法(レーザー治療)が適応することがあります。

  • 脇の下に汗をかかないが、耳垢が湿っている、腋毛が多い
電気凝固法(レーザー治療)について詳しく見てみる
電気凝固法(レーザー治療)とは
  電気凝固法(レーザー治療)とは ワキガ治療における電気凝固法(レーザー治療)とは、もともと小林敏男医師によって開発された小林式絶縁針 続きを読む

デオドラントケア、精神療法、試験切開が適応するパターン

以下に該当するひとは、アポクリン汗腺も少なく、汗もかかないため、ワキガ体質ではない可能性が高いひとです。

  • 脇の下に汗をかかない、かつ腋毛が少なく、耳垢も乾燥している

この場合、市販のデオドラントケアで十分な範囲であることが多いでしょう。

 

実際に体臭が起こりにくい体質なのにどうしても体臭が気になるときは、自臭症(自己臭症または自己臭恐怖症ともいわれる)であることもあります。この場合、精神療法で状態が良くなることがあります。

自己臭症について詳しく見てみる
自己臭症に対する精神的ケア
自己臭症とは 自分の臭いが気になってひとの話に集中できない。 自分の臭いが気になって手をあげたりする動作や、スポーツをすることに抵抗を感じる。 続きを読む

また、脇の下に汗をかかない、かつ腋毛が少なく、耳垢も乾燥していることから、アポクリン汗腺は多くないことが予測できても、実際にワキガ臭がしたりすることが確認できるなら、試験切開でアポクリン汗腺の状態を確認する手段もあります。

ワキガの試験切開について詳しく見てみる
ワキガを確実に診断する「試験切開」
試験切開とは ワキガ治療の一環で、「試験切開」という手術があります。 試験切開とは、局所麻酔下で脇の下を数ミリ切開し、ワキガの原因であるアポク 続きを読む

参考・引用文献:デオドラント革命―新版・体臭多汗の正しい治し方(五味 常明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。