ワキガを確実に診断する「試験切開」

試験切開とは

ワキガ治療の一環で、「試験切開」という手術があります。

試験切開とは、局所麻酔下で脇の下を数ミリ切開し、ワキガの原因であるアポクリン汗腺の量を目検で確認する作業です。医師と状況によって患者が一緒に確認します。試験切開は、手術をする前提で行うのではなく、確認を前提とした手術です。

試験切開を行い、アポクリン汗腺が多くワキガと認められる場合、そのまま切開を進めて手術に移行することもあります。問診や所見だけでは「ワキガ」と診断するのが難しい症例や、極度の自臭症の場合に行われることがあります。

試験切開のメリット・デメリット

ワキガ手術と違って、確認を主な目的とする試験切開にはメリットとデメリットがあります。

試験切開のメリット

試験切開を行うことで、患者自身が自分のワキガの程度を理解することができます。ワキガの程度を診断できることで、そのひとにあった適切な治療方法を導き出すことができます。

また極度の自臭症のひとが試験切開で、自分のワキガの程度を客観的に捉えられることで、「自分が臭うかもしれない」という精神的負担も軽減することができます。

試験切開のデメリット

試験切開のデメリットは、ワキガかどうか確実に判断できていない地点で切開するので、ワキガではなかった場合、小さいとはいえただ傷跡だけが残ることになります。また、試験切開しワキガではなく手術に至らなかった場合、保険が適応しないため自費診療になります。この場合、ワキガ手術をしなかった場合でも5万~10万円以上の費用がかかることがあります。

試験切開を行っている病院

ワキガ手術をしている病院に比べて、試験切開をしている病院は圧倒的に少ないです。日本で試験切開を積極的に取り入れているのは、東京と大阪にクリニックがある「五味クリニック」が有名です。

五味クリニックの院長は、体臭に関するパイオニア的存在で、ワキガや体臭に関する本もたくさん出版しています。また、TV出演なども多数されています。

五味クリニック(電話受付10:00~17:30 休診日 日曜・祝日)

問い合わせ

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126
大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

問い合わせメール:gomi@gomiclinic.com

料金

試験切開後手術で手術施行しなかった場合:10万8000円

試験切開のみの場合:5万4000円

初診料:3240円

再診料:2160円

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。