自己臭症に対する精神的ケア

自己臭症とは

自分の臭いが気になってひとの話に集中できない。

自分の臭いが気になって手をあげたりする動作や、スポーツをすることに抵抗を感じる。

 

自己臭症とは、周囲から「くさい」と思われていると過剰に思い込んでしまい、社会生活にも影響をきたしてしまうような状況のことを言います。

自己臭症になっているひとは、他人がちょっと鼻をおさえたり、自分から離れたりしただけでも「自分の体臭がくさかったからじゃないか」という恐怖心にさいなまれてしまいます。

本来の性格が生真面目であったり、過去にいじめなど体臭を指摘されて辛い思いをしたりすると自己臭症になりやすいといわれています。自己臭症は症状が悪化してうつ病や対人恐怖症などにもなりかねないので、正しい治療と診断が必要になります。

もしかして自己臭症?まず診断が必要

体臭を気にすることが、日々の生活にまで影響をきたすようになっていたら要注意です。ただ自分の体臭が気になっているままでは何の解決にもなりません。なぜそこまで自分の体臭が気になって仕方ないのか、正しい判断が必要です。

本当に体臭があって気になるのか、本当は体臭はないのに思い込みで自己臭症になっているのか。自分ひとりで思い込むよりも、専門の医師の診察を受けてみましょう。

なにか解決の糸口が出てくるはずです。

実際にワキガなら適切な治療を

自己臭症のなかでも、実際にワキガ体質のひともいます。ワキガ体質であることを過去にひとにいわれたり、いじめをうけたりしたことで、トラウマのようになってしまったケースです。過去の経験が尾をひいて、自分の臭いに対する周りの反応が過剰に気になるパターン。この場合、適切な治療を受ければワキガの臭いは軽減されるので、早期に治療を受けることが望ましいでしょう。

ワキガのセルフチェックと望ましい治療については以下ページで紹介しています。

チェックリストの図 ワキガのセルフチェックと適切な対策方法
わたしってもしかしてワキガ? ワキガは自分でセルフチェックできます。以下の項目にあてあまるかチェックすることで、自分がワキガかどうかを診断することが 続きを読む

もしかしたらワキガにも自己臭症にもなっているかも?不安に思う方はまずセルフチェックをしてみましょう。

実際にワキガ体質であることがきっかけで自己臭症になっているなら、ワキガに対し治療を行い臭いをなくすことで多くの自己臭症の症状は軽減されます。また同時に、適切な治療を行うことで実際の臭いも軽減されます。

体臭はないのに自己臭症なら精神療法を

実際にワキガでも多汗症でもなく体臭もないのに自己臭症の場合、精神療法が必要です。この背景には神経質な性格や過去のいじめや虐待などのさまざまな要因が相まって起こっていることがあります。実際にワキガで自己臭症のひとは、手術をうけることで体臭が軽減するため、自己臭症の症状がおさまることもあります。でも体臭がないのに自己臭症の場合は、「自分には体臭はない」ということを、精神的に受容できるようなカウンセリングが必要になるのです。

自己臭症は悪化すればうつ病などの精神疾患を併発することもあり、早期発見と早期治療が重要になります。

過剰な自己臭症にはときに試験切開が適応できることも

ワキガではないのに、妄想でワキガだと思い込む自己臭症に対して、試験切開が適応することもあります。試験切開の目的は「自分には体臭がある」と思い込む患者に対して、実際に切開してアポクリン汗腺がない事実を見せるためです。「自分はワキガではない」という客観的な証拠を目にすることで安心し、自己臭症の症状がおさまることがあるからです。

このようなケースの試験切開は五味クリニックで行われています。

五味クリニック(電話受付10:00~17:30 休診日 日曜・祝日)

問い合わせ

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126
大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

問い合わせメール:gomi@gomiclinic.com

料金

試験切開後手術で手術施行しなかった場合:10万8000円

試験切開のみの場合:5万4000円

初診料:3240円

再診料:2160円

自己臭症なら早期治療を行いましょう

自己臭症は早い治療が重要です。

毎日自分の臭いを気にしながら生活は、とても苦痛なものです。臭いが過剰に気になると仕事にも勉強にも集中できず、自分の役割で本来の力を100%出し切れません。自己臭症で悩んでいたひとが、自分の体臭を気にしなくても良い生活を手に入れれば、仕事、勉強、人付き合い、恋愛などいろんな場面で自信を持って生活できるようになります。

自己臭症早期発見、早期治療の大切さはここにあります。

臭いに怯えて生活することは、そのひとの人生にとってとてもマイナスなもの。

少し勇気を出してカウンセリングを受け、自分に合った治療することで、その後の人生が大きく変わることもあるのです。

 

実際に体臭がない自己臭症でも、体臭がある自己臭症でも、自己臭症かもしれないと思うなら、早めに受診をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。