脇汗の原因と対策

緊張したり、体を動かしたりしたときにどうしても気になる「ワキ汗」。時間がたつと臭いが出たりして、仕事やスポーツに集中できない・・。そんな経験はありませんか?

脇汗はデオドラントケア次第で、ワキ汗の臭いを予防することができます。このページでは、今話題の脇汗対策をシーン別に紹介します!

 

脇汗が臭い!おすすめの臭い対策

脇汗の臭いが気になる。そんなときは脇汗の原因にあった対策をすることで、グっと臭いを抑えることが出来ます!

汗臭くなる原因ってなに?

そもそも脇汗が臭くなる原因は、大きく分けてふたつあります。

  • 汗自体に雑菌が混じってくさくなるタイプ
  • アポクリン汗腺から出る汗のにおいで臭くなるタイプ

汗自体に雑菌が混じってくさくなるタイプ

多量にかいた汗に雑菌がふえてくさい臭いになります。脇は特に体の中でも密閉された空間であり、空気も通りにくく乾燥しにくい、湿度と温度が一定に保たれることから、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。部屋の湿度が高かったり、温度が高いとさらに臭いは強くなります。具体的な方法は、汗の臭いを抑える方法から紹介してます。

アポクリン汗腺から出る汗のにおいで臭くなるタイプ

脇の下にある汗を出す「汗腺」という部分は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

エクリン腺から出る汗の成分はほとんどが水分であるのに対し、アポクリン汗腺から分泌される汗には、タンパク質、脂質などいろんな成分が混ざっています。アポクリン汗腺から分泌される汗は、エクリン汗腺の汗と比較して臭いが強くなります。これはいわゆる「ワキガ」の症状です。

ワキガかどうか自分で判断できない!

そもそも一般的な汗の臭いと強いワキガの体臭は原因が違います。アポクリン汗腺からくる臭いは体質から起こるものなので、体質に対する治療のほうが圧倒的な効果を発揮することがあります。

ただ汗臭いだけか、ワキガなのかわからない。ワキガだったとしてもどんな治療があるのかわからないっていうひとは、以下のページでワキガのセルフチェックと、状態に合う治療方法を診断できるので、ぜひセルフチェックを行ってみてください。

チェックリストの図 ワキガのセルフチェックと適切な対策方法
わたしってもしかしてワキガ? ワキガは自分でセルフチェックできます。以下の項目にあてあまるかチェックすることで、自分がワキガかどうかを診断することが 続きを読む

脇汗の臭いを抑えるポイント

脇汗の臭いをおさえるポイントは、

  • 乾燥
  • 除菌・消臭

です。

脇汗を臭くさせる原因は、雑菌と湿気にあります。

温かい湿気のある空間は、雑菌を繁殖させ臭いをきつくさせます。脇の下は暖かくて汗もかきやすい湿気の宝庫。腋毛があればなおさら雑菌も繁殖しやすい。ケアで臭いを抑えたいなら、脇の下の湿気と除菌・消臭を対策すれば、くさくなる原因を取り除けるので、臭いを軽減することができます。

汗の臭いを抑える方法と対策

汗の臭いを抑える方法はその原因によって違います。汗による脇の臭いを抑える方法は原因別に大きくわけて3つあります。

脇汗を吸収する

ワキ汗をかくけど薄着でワキ汗の染みが気に合ったり、制服など決まった衣類を着る必要があるときは、汗を吸収するデオドラントケアを使いましょう。

脇汗の臭い自体を消臭する

力仕事、スポ―ツをするひと等長い時間汗をかくひとは、どうしても長時間汗をかくことで脇の下が蒸れて、体臭が起きやすい傾向にあります。この場合、汗の臭い自体を除菌・消臭するデオドラントケアが効果的。

脇汗を抑える

汗をたくさんかくけど、力仕事やスポーツのように絶えず汗を出し続けるようなひとではない場合。そんなときは汗を抑える効果があるデオドラント用品を使うとワキ汗臭を抑えることが出来ます。スーツでの営業、看護師や医師、学生等に向いています。

対策1:汗を吸収する

ワキガの臭いのもとは、臭い成分を含むアポクリン汗腺からの「汗」です。ワキガのひとは、このアポクリン汗腺が多いことが原因で、脇の臭いが強くなります。ワキガのなかでも特にワキの汗が多いタイプなら、脇汗を吸収するケアを取り入れることで、臭いが軽減されます。

脇汗を吸収するケアとして、一番安定した人気があるのが「あせワキパット」。

服の脇の部分にあせワキパットを取り付けることで、汗を物理的に吸収し、臭いを抑えることが出来ます。

対策2:汗の臭い自体を消臭する

ワキガの臭い対策として、脇汗の臭い自体を消臭するケア方法があります。

脇汗の臭い自体を消臭する方法は、いくつか種類があります。

重曹でケア

料理や洗濯に使われる重曹は、実はワキガの体臭対策にも効果があります。そもそも臭いの原因となるのは、酸性物質。重曹は弱アルカリ性物質で中和作用があるため、臭いのもとになる酸性物質を重曹が中和することで、ワキガの独特の臭いが軽減されます。

水と重曹をまぜたもの(水100ml+重曹小さじ1杯)を直接脇のしたにスプレーしたり、重曹を脇に直接塗ったり。重曹石鹸をつかったり、お風呂に重曹一握りを混ぜて入浴剤として使うことで、酸性物質が中和され臭いのもとを軽減できます。

参考:五味クリニック

 

デオドラントスプレーでケア

市販のデオドラントスプレーで臭いを消臭します。最近では除菌作用や臭い吸収作用があるものも市販されていて、かなり臭いを抑えることが出来るようになってきました。

脇汗を抑える

ワキガの臭いを抑える対策として、脇汗自体を抑える方法があります。これには主に3つの方法があり、いずれも手術適応になります。

ワキガの原因である「汗」を抑えるには、2つ方法があります。まず汗を分泌する「汗腺」の働きを止めるか、汗腺自体を取り除くか、です。

汗腺の働きを一時的に止める

汗腺の働きを止めて、汗を分泌しないようにするには「ボトックス注射」が有効です。

ボトックスとは、汗を分泌する神経に働いて汗腺からの汗の分泌を抑える薬です。ボトックスを取り扱うクリニックで行います。汗を書かない効果が半年くらい持続します。簡単でダウンタイムもなく、比較的チープに手術をうけることができ、痛みもほとんどないボトックスですが、持続的な効果を見込めないことがデメリットです。

汗腺自体を取り除く

汗腺自体を取り除くには、手術が必要です。現在ワキガ手術の代表的な手術の方法として以下の2点があげられます。

レーザー治療

ワキガのもとであるアポクリン汗腺をレーザーで焼灼することで、ワキガの体臭を抑えることが出来ます。

  • メリット

ワキガ手術と比べてダウンタイムが短く、傷跡が少ない

  • デメリット

ワキガ臭が残ることがある

詳細については以下の記事に記載しているので、参照してください。

電気凝固法(レーザー治療)とは
  電気凝固法(レーザー治療)とは ワキガ治療における電気凝固法(レーザー治療)とは、もともと小林敏男医師によって開発された小林式絶縁針 続きを読む

 

ワキガ手術(皮弁法)

ワキガ手術とは、外科的に医師の目でアポクリン汗腺をひとつひとつ取り除いていく手術です。

  • メリット

メリットは医師の目で確実にアポクリン汗腺を確認しながら取り除くため、確実で半永久的にワキガ臭をなくすことができる

  • デメリット

ダウンタイムが長い、傷跡が残ることがある

ワキガの外科的手術療法
ワキガの根治的な治療方法として、外科手術があります。ワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺を、外科的に取り除いてしまう方法です。このページではワキガの 続きを読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。