ワキガによる衣類の黄ばみ、原因と対策

薄いシャツや白い服がすぐ黄ばんでダメになってしまう。恥ずかしくて手をあげられない。

そんな脇汗の黄ばみに悩んでいませんか?この記事ではワキガによる衣服の黄ばみの原因とその対策を紹介しています。衣服の黄ばみをなくして、快適な生活を取り戻しましょう!

ワキガのひとの衣服が黄ばむ原因

ワキガの人が、色の薄い服を着た場合、脇の部分が黄色く黄ばむことがあります。これはワキガ独特の症状で、ワキガ体質のひとの汗に原因があります。

ワキガ体質のひとの汗には、タンパク質や脂肪酸などの成分に加え、鉄、及びリポフスチンという色素成分が配合されています。この色素成分により衣服の脇の部分が黄ばむようになっています。

使用するデオドラント製剤が、たくさんの成分を含むワキガ体質のひとの汗と混ざると、色素遅着が悪化することもあります。

この黄ばみが結構目立つ。恥ずかしくて手をあげることに抵抗を感じたり、黄ばみが気になって白いシャツが切れなくなることも。

ワキガによる服の黄ばみには、対応策があります。

ワキガによる黄ばみの対応策と手順

ワキガによる衣服の黄ばみを対応策は、3つのポイントがあります。

  1. 黄ばみの原因になる汗を衣服につけない
  2. 黄ばみを的確に落とす
  3. 黄ばみの原因になるアポクリン汗腺の汗を抑える

 

1:黄ばみの原因になる汗を衣服につけない

黄ばみの原因は、色素成分が含まれた汗を衣服に付着しないようにすることで、衣服の黄ばみを予防します。

衣服を防水状態にする「デオスプレー」

衣服に脇汗が付着することで黄ばみの原因になるので、まず衣服に脇汗をつけないようにすることが大切です。

デオスプレーは黄ばみをつけたくない衣服に直接スプレーして乾燥してから着用します。撥水性を持つようになり、脇汗による黄ばみを予防することができます。

 

汗脇パッドで汗の付着を予防する

脇汗の黄ばみ予防には、汗脇パッドも効果的です。

「リフ 香るあせワキパット」は、脇汗を三段構造から吸収し、衣服への脇汗付着と汗染みを予防します。

2:脇の黄ばみの落とし方

白いシャツに黄ばみがついてしまったときの黄ばみの落とし方を紹介します。

黄ばみがついてすぐのとき

1.台所用洗剤で洗う

黄ばんだ部分に台所用洗剤をつけ、手もみで洗います。台所用洗剤洗剤は油汚れを落とす成分があるため、ワキガ特有のたんぱく質や脂質が含まれる汗を落とすことが出来ます。

2.お湯につけて、洗濯する

お湯にはタンパク質を分解する作用があります。40度くらいのお湯に漂白剤を溶かして30分くらいつけ起きしたあと、普通に洗濯します。

なかなか落ちない頑固な黄ばみがあるとき

漂白剤のつけおきなどでもとれなくなった頑固な黄ばみには、アルカリ性の漂白剤(酸素系漂白剤)と重曹で黄ばみを分解して落とします。

1.重曹と酸素系漂白剤を1:1の分量で混ぜる

黄ばみを落とす漂白剤を作ります。重曹と酸素系漂白剤を1:1の分量で混ぜます。

※この際、炭酸ガスが発生するので、換気された場所で、密封された容器などは使用しないようにしましょう。

※アルカリ性の強い洗剤なので、ゴム手袋をつける等して、皮膚トラブルに注意してください。

2.「1」で作った漂白剤を黄ばみに塗り込んで温める

「1」で作った重曹と酸素系漂白剤を混ぜた漂白剤を、黄ばみ部分にしっかり塗り込みます。塗り込んだ漂白剤が40度~50度くらい(あつめのお風呂程度)になるよう、スチームアイロンやドライヤーであたためてください。

3.洗濯する

その後、いつも通り洗濯します。この際、漂白剤の効果で色落ちしてしまうので、色物とは一緒に洗濯しないように気をつけてください。

 

必要物品の購入なら・・

  • 洗濯用重曹
  • 酸素系漂白剤
  • スチームアイロン

 

参考URL:メンズスキンケア大学

 

3.黄ばみの原因になるアポクリン汗腺の汗を抑える

毎日の漂白洗濯や、汗の付着を予防する脇汗ケアが大変なときは、一定期間脇汗をかかないようにする「ボトックス治療」が効果的です。

黄ばみを作る原因は、色素成分を含むアポクリン汗腺からの汗分泌が原因です。ボトックス治療は、汗を分泌する「汗腺」につながる神経の働きを部分的におさえることで、その部分の汗をかかなくする方法です。ボトックスを取り扱うクリニックで使用できます。効果は半年ほど持続するので、汗が気になって生活に支障がでる、脇汗ケアに時間がとれないひとなどはボトックス治療をしたほうが早いでしょう。

全国にクリニックがあり、症例件数も多い「湘南美容外科クリニック」では、脇汗治療に対するボトックス注射を取り扱っています。

湘南美容外科クリニックのボトックス料金

ボトックスの料金は使用する薬品によって違います。日本の厚生労働省承認を受けたアラガン製はやや高めの料金設定です。効果は同じです。

リジェノックス(KFDA(韓国食品医薬品安全庁)承認)

  • ショート:12,960円
  • トール:19,440円
  • グランデ:25,510円

アラガン製(日本厚生労働省 承認)

  • アラガン製ボトックス:68,850円

リジェノックスはコスパに優れていて、グランデ(広範囲)の治療をした場合でも、半年効果が持てばひと月当たり4250円くらいの費用で、脇汗を根本的にシャットダウンできることになります。毎日のケアや手間に抵抗があるなら、ボトックス注射が合っています。

 

全国にクリニックを展開する湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングは以下から申し込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。